デジカメで撮った写真を長期に保存する方法

デジタル写真の仕組み

デジタルカメラやスマートフォン付属のカメラにより、気軽に撮影ができ、たくさんの写真を保存することが可能になりました。実際に撮影した写真はデジタルデータとして、メモリーカードやハードディスクなどの記憶媒体に保存されます。カメラ及びスマホ内臓の専用ソフトを使うことにより、編集や検索など多くのことができます。その一方でデジタルデータは、操作間違いなどでデータの消去が簡単にできる、保存したメディアが突然読み込めなくなるなどの原因により、希望の写真データが見つからなくなることも生じます。そのため、撮影した機械が故障してもいい様に、事前にデータのバックアップを取るか、フォトブックなど別の形で残す必要があります。

デジタル写真データの残し方

デジタル撮影された写真のデータを長く保存するには、撮影したカメラ以外のメディアに保存するか、残っている写真をフォトブックとする方法があります。撮影後の写真はメモリカードに保存されているケースが大半を占めることから、カメラ以外のメディアに複数保存することを基本とします。ディーブイディーなどの工学メディア及びハードディスクなどの外部記憶媒体に、2箇所以上保存すると紛失の心配がなくなります。パソコンやスマートフォンを持っているなら、カメラ以外でも閲覧、編集が可能です。フォトブックとして残す場合は、専門店に依頼することで、自分が希望する写真をオリジナルのサイズやデザインで保存できます。自分で編集できる環境が揃っているなら、ネットで注文して後日取りに行くといった選択肢もあります。

デジタルカメラ等で撮った写真を使ってオリジナルのアルバムを作ることをフォトブックと言います。写真データをそのまま本のように印刷できるのでとてもおしゃれですね。