知って得する!良いペットショップの選び方

清潔な状態を保っているか

子犬や子猫はデリケートな生き物なので、ペットショップで展示されているだけでも免疫が落ちると言われています。そのため、お客さんにすぐ子犬や子猫を抱かせる店はNGです。ある程度商談が進んでから抱かせるか、必ず抱く前に消毒スプレーでお客さんの手を消毒しているなら良質なペットショップと言えるでしょう。その他にも、子犬や子猫のウンチをきちんと掃除せず放ったらかしにしている所は、店員の手が回っていない証拠なのでお勧めしません。排泄物だけではなく、ショーケースの中や外がしっかりと拭かれているかなど、常に清潔な状態を保ってる店かどうか確認してください。

正しい知識と対応を行っているか

店員が正しい動物の知識を持っているか、というのも良いペットショップを見極めるポイントの一つです。ペットショップでは、犬も猫も様々な種類が販売されています。その種類によってかかりやすい病気や、どのくらいの量の食事を与えればいいか、どんな性格の子が多いか、毛の長さによってお手入れの違いはあるのかなど、詳細な説明ができる店員がいる所は、ペットのことを考えた良い店と言えます。その他にも大切なのが、販売している子犬や子猫に生体保証がついているか、というものです。万が一の時でもきちんと対応してくれる店であれば、安心して購入することができます。また、卸市場などからではなくブリーダーから生体を仕入れている店かどうかも重要なチェックポイントです。このような点を踏まえてペットショップを選んでみてください。

ペットショップでは犬や猫だけでなく金魚、ハムスターなどを手に入れることができます。さらに餌やゲージ、おもちゃなどペットにまつわる物が取り揃えられています。