オーバーホールって何?機械式時計はメンテナンスが大切なファッションアイテム!

機械式時計の定期的なメンテナンスとは

機械式時計はベストコンディションを長く維持するためにメンテナンスを行う必要があるアイテムです。長くて5年おきにオーバーホールと呼ばれるメンテナンスに出してください。オーバーホールは、機械式時計のメーカーに依頼するか、ベテランの時計職人が経営する時計店へ持ち込みます。アイテムにもよりますが、オーバーホールにかかる料金は、時計メーカーで行う場合では5万円以上が多い様です。基本料金に加えて、部品交換や修理箇所があれば料金が追加されます。オーバーホールを依頼すると見積もりが提示されますので、料金に納得できない場合はキャンセルしても構いません。

オーバーホールって具体的に何をするの?

オーバーホールでは、機械式時計のケース内部に侵入した皮脂汚れなどを取り除いて錆や腐食を防いだり、部品のゆるみや、パッキンなどのチェックを行います。また、経年劣化によって摩耗した部品や劣化した潤滑油の交換なども行い、購入時のコンディションに近付けるのが特徴です。新品の場合では購入後3年目にオーバーホールを行うのが望ましいと言われています。金属粉などの発生がしやすい時期であるため、メンテナンスを正しく行うのと行わないのとでは、その後のコンディションや寿命に違いが出るでしょう。忘れずに依頼してください。

自分でもメンテナンスしましょう!

オーバーホールも大切ですが、機械式時計を使用するなら自身でのメンテナンスも行いましょう。ゼンマイの巻き上げ作業は日に一度同時刻に行い、できるなら時計は毎日使用します。頻繁に使用すると潤滑油が乾燥したり凝固したりするのを防ぎ、コンディションを長く保てます。また、汚れのケアを行うほか、磁気が発生する家電などに近付けさせないなど、日頃から大切に取り扱いましょう。

ブシュロンとはトップジュエリーブランドです。日本では女性のみならず、男性でも身に付けやすい結婚指輪としても人気が高く支持されています。